子どもを信じるってどういう事?

我が家の脳性麻痺オシャンティー男子18歳。

来年の卒業を控え、人生きっての勝負に出た。

 

 

大阪から京都まで、介助者なしの一人旅に出かけたのだ。

 

話す事もままならない。

車椅子の自操なんてとんでもない。

 

そんな彼が京都までどうやって一人で行って、帰ってくるのか。

 

答えはこう。

「行き先を紙に書いて、読んだ人に連れて行ってもらう!」

 

 


しかし、さすがに本当の一人きりだと安全面で心配が残る。

そこで、前回私の講演会でお会いした素敵な大学生、水口さんに相談。

 

「こんな企画うちの息子がやろうとしてるんですけど、遠くから見守りと、ちょっとビデオ撮影とか企画を面白がってくれる方でお願い出来る学生さん、いらっしゃいませんかね?」

 

すると

「あ、それ僕やって良いですか?」という神的一言を頂き、決定。

 

10月某日、初めての彼と水口さん。

そして企画応援隊長の川口さんと大阪梅田で挨拶&打合せ。

 

夜の夜景と、オシャンティーな大人空間での打ち合わせに彼は終始感動の様子だ。


その後、ひょんなことからとあるTV局さんから撮影同行も入っていただける事になり。

「この子、ほんともってるわ」なんてしみじみ。。

旅の下準備も余念なく。

 

当日のルートはこうだ。

 

『阪神姫島駅発→阪神梅田駅到着→徒歩→阪急梅田駅到着→阪急嵐山駅→竹林観光→ランチ→お土産購入→阪急嵐山駅→阪急梅田駅→徒歩→阪神梅田駅→姫島駅到着』

 

 

このルートを、

首から下げた紙に「○○まで一緒に行きませんか?(しませんか?)」と書いておく。

 

海外の方もいらっしゃるかも、と、英語訳も書いた。

 

車椅子の操作が初めての方にわかるように、ブレーキ操作方法も明記。

 

夜になるかもしれないので、暗くなったら自動で点くライトも胸元に装着。

 

多分これで行けるはず(笑)

 

 

 

 

 

 

11月7日火曜日、当日。

「あー、楽しみやー」という彼は能天気なのか、なんなのか。

心配のあまり怪訝な顔をする祖父母を横に、満面の笑みだ。

 

 

 

私の仕事の都合で、前日祖父母宅に宿泊、出発した彼は

祖父母宅最寄り駅「阪神本線 姫島駅」から出発。

 

 

駅で同行してくださる水口さんと9:30合流。

そして彼と別れた。

 

 

自宅で在宅ワークだった私は、ただ待つのみ。

水口さんから初めて連絡が入ったのは彼と別れた1時間30分後の11時43分。

 

「梅田まで来ています!」

というメッセージと、女性に車椅子を押してもらっている彼の写真だった。

次の写真は、阪急電車に乗る彼の写真と

「ずっとニヤついています。」というコメント。

 

 

次の写真は13:13.

嵐山駅に着き、一人の女性と進む彼だ。

旅の順調さにちょっと驚いた。

 

竹林に向かっているらしい。

彼の表情は少し緊張の面持ちなことを思うと、

女性の顔は見えなかったが、おそらく美人なんだろうと推測する。

 

 

13:35

畠山さんやばいです」という水口さんのメッセージにぎょっとしたのもつかの間。

 

 

「いい意味です」

という言葉と、3人の方に車椅子を押していただいている写真が送られてきた。

世の中、なんだかいい感じに回っているんだなあ…

 

 

 

なんて気を抜きかけたその時、それはやってきた。

そう、誰も声をかけてくれない長い長い時間が。


「僕とお昼ご飯を食べませんか?」

 

 

彼が胸元に掲げている言葉は、14:00を迎えた嵐山の雑踏にぽつんとあった。

 

幾人もの人が彼の前を通り過ぎてゆく。

 

15:00

彼は変わらずそこにいた。

 

 

16:00

「僕とお昼ご飯を食べませんか?」

 

その言葉は彼と共に、町へかき消されように見えた。

 

 

16:20

 

待つってこんなに長いんだ。

 

今日はもう帰ってこられないかもしれない。

 

彼を思ったとき、喉元に苦い物がこみあげてくる。

何を思っているんだろう。

どう感じているんだろう。

 

でも、信じるって決めたんだ。

 

私はここでもう待つしかない。

 

覚悟したその時、水口さんからメッセージが届く。

 

「知らない人同士がこうして助け合ってくれています。さあ、ついに次のミッションです!

 

きたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

女性5人が胸元の紙をめくり、話している。

「ランチはもう食べてんけど、ソフトクリーム食べる?」

「お土産買いに行こ!」

 

脱げた彼の靴も、みんなであーだこーだと履かせてくれている。

 

私は心からほっとしたのだった。


18:22

帰りは、最後に出会った女性お二人と、最終ゴールの姫島駅まで帰ってきた。

女性は路線も違うのに、だ。

 

彼の顔は、本当にいい顔をしていた。

送ってきてくださった女性のお一人は泣いていた。

 

私はそんな女性や、彼の笑顔を見た時、この旅を経て彼だけではなく、

多くの人の心が動いたのかもしれないと感じた。

 

お手伝いしてくださった方はもちろんだが、実際に行動には移せなかったけれど、何か感じたり、考えたりするきっかけになった。

そんな方もいたかもしれない。

 

彼にしかできない事。

それは「一人で京都行きたいねん!」からはじまった冒険だった。

 

 

出来ない事なんてどうでもいい。「何がしたいか」が大事やろ。

 

私と彼の合言葉。

こんなんしたら迷惑かな、はついつい先に頭に浮かぶ。

 

だけど、迷惑かどうかは、相手に決めてもらってもいいんじゃないか、とも思う。

 

迷惑をかけるからやめる。よりも、

やると決めてから、じゃあどうしたら『迷惑』だとかを回避できるのか。

 

そんな順番で考えるのも悪くはない。

 

『子どもを守る』って何かが起きないように身体を守る事でも、

「そっちじゃなくてこっちがいいよ」と道を用意しておくことじゃない。

 

『子どもを守る』ってことは、子どもの気持ちを守る事だと私は思う。

 

勇気を出したり、チャレンジしたり、一歩前に踏み出そうとするその心を。

 

踏み出した結果、折れそうになったり、自分をほめたいと思っているその心を。

 

そんな子ども達の心を守る。それが私流の『守る』だ。

 

 

 

 

みんなと一緒に写真を撮る彼の横顔は、自分をちゃんと生きてゆこうとしているように見えた。

 

 

 

親なんて結局、

「信じる事」→「待つ事」しかできないのかもしれない。

 

 

 

 

それにしても、信じるって疲れるなあ・・・

 

そんなことをしみじみおもった、長い長い秋の日。

見上げた空は、とても綺麗な月が輝いていた。

 

 

 

 


講演会のお知らせ

【君の未来はその手の中に】講演会

■2017年12月4日月曜日 11:00~

■場所 フレンチレストラン『ルクロ・ド・マリアージュ』(大阪天満橋駅徒歩5分)

■参加費 10,000円(ランチ付き)

■定員数 60名

■お申込み・お問い合わせ→下記チラシに記載

 

前回の4月の講演会から多くのアンコールのお声を頂いてきました。

そんなお声にお応えさせていただきたい!

『キミノテ』プロジェクトメンバー(障がい児福祉に命を燃やすルクログループオーナー兼フレンチシェフ 黒岩功氏・混合保育の愛の異端児 瀧幸子氏・思いを繋げるプロフェッショナル 内田明子氏)と何度もミーティングを重ねながら、

この度満を持して12月4日第二回【君の未来はその手の中に】講演会をお届けさせていただきます!

 

 

障がいを持った子どもたちと関わる全ての皆様はもちろん、今何らかの迷いの中にいらっしゃる方、何か始めたいけど踏ん切りがつかない方、子育てやご家庭内でお悩みを抱えられていらっしゃる方、社内でのご自身の役割を見つけたい方。

 

ピンときた!そんな皆様へお届けしたい講演会です(^^)

 

 

療育に携わる者として。障がい児と共に生きる母として。

そして一人の人として、今回の#リョータビにおいての母としての気付き等

様々な角度から『子どもたちの未来』と『可能性』について

『知る』そして『気付く』をキーワードに、心を込めてお話させていただきます!

 

皆様お誘いあわせの上、ぜひお越しくださいね(^^)

 



コメント: 18
  • #18

    くじらちゃん (土曜日, 08 12月 2018 10:01)

    私は2人の子を持ち保育教諭をしています。
    子育ては一息ついた50代です。
    我が子はいくつになっても心配であり、転ばぬ先の杖になりがちです。
    自分が体験経験してこそ自分の身になり、知識になって行くことを分かっていてもつい口にでてしまいがちです。
    また、仕事上気になる、障害のあるお子さんをあづかり、小学校へ就学するに当たってアドバイスすることが多々ありますが、親御さんの気持ちを全て理解するには難しいです。
    子供さんの将来を考えてアドバイスしていますが、親御さんの思いはもしかして…
    刺激を貰えれば、という気持ちが大きいようです。

    オシャンティーな息子さんの挑戦を読ませて頂き、決めるのは親ではなく子ども自身なんだなぁと、つくづくかんじました。
    拙い文章を書かせていただき、申し訳ありません。
    感動をありがとうございました。

  • #17

    渡部 沙織 (金曜日, 07 12月 2018 14:20)

    彼の疑いの無い力強い笑顔とはかりしれない深い愛と笑顔で生きていらしたお母様から、還暦を迎えたわたくしはガツーンと一発やられました~!自分の歩みに壁を作ったり、制限しているのは自分自身。できるできないじゃない、やってみること。ホントに!また一歩を踏み出す勇気をいただきました。ありがとう!!!

  • #16

    管理者の畠山です (金曜日, 07 12月 2018 11:17)

    ギール理映さま:メッセージありがとうございます!「できるかできないかじゃなく、やるかやらないか」これって似ているようでやっぱり違うんですよね☺学校の先生をされていらっしゃるギール理映さん。もしも勇気を欲している生徒様がいらっしゃいましたら、是非彼の言葉を生きるヒントとして届けてあげてい頂けましたらうれしいです!

  • #15

    管理者の畠山です (金曜日, 07 12月 2018 11:09)

    カナカナさま:メッセージありがとうございます!そうですよね!健常者、障がい者。それはただの人としての違いで、何も大げさなことではありませんよね。私は、障がいある人は、人との違いが分かりやすくあることだと思っています。分かりやすいか分かりにくいか、もちろんそれは人それぞれですので(^^ 今回の放送は実は「小学校の授業でも取り入れたよ」という声をいくつかいただいております。残念ながら上映会の予定は今のところありませんが、そのような声がいくつか上がるようであれば、朝日放送さんに問い合わせてみますね!

    ゆ~ちゃ様:コメントありがとうございます!ゆ~ちゃ様もご自身を振り返って感じられたことを子育てに活かされているんですね!私もおんなじです!理想的な母親を演じるというよりも、私たち自身の体験や経験を良い形で活かしてゆく、そんな子育てができたらうれしいですよね!

    さちえ様:コメントありがとうございます!3人目の不安、わかります!私も2人目の長女の時はいろいろ考えるときもありました(^^ですが最後は「でももしも2人目に障害があっても、一人育てた経験があるし、むしろ活かせるんじゃね?」とww 迷いは吹っ飛んだんですよ!→単純ww

    おてんば様:メッセージありがとうございます!心屋さんから!たどってくださってありがとうございます(^^人に迷惑をかけない、ですね。これは人として当たり前に大切なことだと私も思います。ただ、『人に迷惑をかけてでもやりたいこと』があるのも、なんだか素敵ですよね!一つの視点を「絶対」ではなくて、臨機応変に様々な考え方や視点が持てることで、よりその人らしい選択ができるのかもしれませんね!


  • #14

    ギール里映 (火曜日, 04 12月 2018 20:39)

    できるかできないか、じゃなくて、やるかやらないか。
    本当に大切なことが何かを、しかと感じさせていただきました。
    一人の息子を育てる親として、またたくさんの生徒を抱える先生として、胸に刻んでおきます。
    素敵なストーリーのシェアをありがとうございました。

  • #13

    おてんば (日曜日, 02 12月 2018 11:34)

    心屋さんのとこからとんできました。

    保育士をしています。
    人に迷惑をかけない!って

    言っている私がいます。

    考えさせられました…

  • #12

    さちえ (土曜日, 01 12月 2018 17:08)

    泣ける〜!!感動しました!
    子ども3人目が欲しいけど、障がいが怖くて躊躇してました。
    すごい勇気もらいました。

  • #11

    ゆ~ちゃ。 (土曜日, 01 12月 2018 16:52)

    子どもを守るというのは子どもの心を守ること、待っていること・・・今我が子と日々進むなかでやっと気がつき始めたことでした。やはりそうだったのかと過去を振り返ります。このチャレンジは多くの人に影響を与えた大きなチャレンジだと思います。教えてくださりありがとうこざいました。

  • #10

    カナカナ (土曜日, 01 12月 2018 07:19)

    こんにちは。
    二人の男の子の母です。いま、産休中なんですが、ふと社会に目をむけるきっかけがあり、以前から気になっていた、障害者のかたが、イキイキとはたらいて、生きられる世の中にしていきたいという思いから、ボランティアで、来年五月に障害者の就労支援を目的として大きなイベントのお手伝いしています。
    そのことで、いま、色々なかたに会ったり、本を読んだりするなかで、イキイ生きるて、障害者も健常者も関係ないんだな✨て、何ができる?じゃなくて、何をしたいか!それが、その人の心にある限り、障害とか、健常とかいうボーダーラインは、ないんだな、と感じました。ご紹介されていた映像の上映は、もうしないですか?
    もし上映会があれば、いきたいです。

  • #9

    管理者の畠山です (金曜日, 30 11月 2018 00:15)

    佐野様:熱いメッセージを届けてくださいましてこちらこそ勇気を頂きました!ありがとうございます!

    吉川様:心屋仁之助さんから飛んできてくださったんですね!ご縁を紡いでくださいましてこちらこそありがとうございます!お言葉一つ一つにこちらまで胸が温かくなりました!

    やなせ様:本当に私もそう思います。出会ってくださった女性が行動に移してくださったからこそ、彼の旅は無事に成功することが出来たんです。勇気いったと思います。本当に感謝ですね!

  • #8

    やなせ (木曜日, 29 11月 2018 15:01)

    息子さんを送ってくれた女性が泣いていたところで 私も読んでいたカフェで涙がこみ上げてみました。
    息子さんのチャレンジ、女性のチャレンジに感謝です

  • #7

    吉川由輝子 (木曜日, 29 11月 2018 13:57)

    Facebookにて心屋仁之助さんがシェアされていまして、最後まで読ませていただきました。


    なんだかわからないけど、涙が止まらなくて。

    本当に勇気もらいました。

    両親、家族に見守られ愛されていて今もそうだと改めて実感できました。
      

    ありがとうございます。

    本当にありがとうございます。

  • #6

    佐野洋介 (木曜日, 29 11月 2018 08:19)

    本当に感動しました!

    とても勇気をもらいました!

    迷惑をかけるからやめる。よりも、

    やると決めてから、じゃあどうしたら『迷惑』だとかを回避できるのか。

    これ、本当に本当に僕の心に響きました!

    シェアさせていただきました!

    勇気と感動をありがとうございます!

  • #5

    畠山織恵 (水曜日, 20 12月 2017 11:22)

    牛島さま
    嬉しいメッセージありがとうございます!シェアまでしてくださって…感謝いたします!!
    引き続き見守っていただけましたら幸いです(^^)
    今後ともよろしくお願いいたします!

  • #4

    うさぎ (水曜日, 06 12月 2017 11:33)

    講演会後に記事を読み、参加できず残念でした。この記事は障害が有る無しなんて関係なく、親が子供を信じることの大切さ…人が人を信じることの大切さ、そして待つことの大切さを改めて感じさせてくれました。ステキな生き方ですね。ありがとうございます。

  • #3

    しょうこ (日曜日, 03 12月 2017 20:10)

    その勇気と行動に感服です。
    身内の障害者を信じて待つって、堪えることですよね。
    今後の行動力に期待します。

  • #2

    さくら (土曜日, 02 12月 2017 20:42)

    はじめまして。
    看護師をやっていますが、改めて自分の在り方や考え方をあらためなきゃいけないな。と思いました。

  • #1

    牛島勝治� (土曜日, 02 12月 2017 02:58)

    素晴らしいですね❗感動の涙が止まりません‼
    シェアさせていただきます�