和歌山市放課後等デイサービス『ほほえみ』さま2月ワーク

■自分と仲間

昨年より毎月お伺いさせていただいる、

和歌山県和歌山市の放課後等デイサービスほほえみ様はいつもとっても賑やか!

 

なぜって、毎月20名を超える大勢のお子様とワークを楽しむからなんです!!

 

世間的にいう「重度」と言われるお子様から、「軽度」と言われるお子様まで、一斉に60分同じ時間を共有します。

 

今月はパラバルーンを通した活動から、「個人の役割・協調の楽しさへの気づき」を狙いにお届けさせていただきました。

 

 

重度ちゃんも軽度ちゃんも関係なく、2グループに分かれてスタートです!

 

中に座るグループ・立って活動するグループ。

 

それぞれが「自分の役割」を確認します。

 

音楽が流れ始めると、もううれしくて走りたくなったり、大きく強くバルーンを揺らしたくなるけれど

リーダーの掛け声に合わせて上に、下に。

 

活動を合わせることで、大きなバルーンがまるで1つの動きとなる楽しさを肌で感じてゆくお子様たち。

 

自然と「協調する楽しさ」を感覚で感じてゆきます。

 

言葉を超えた学びや気づきは、その場所にはじめから無数に存在しています。

それにどれだけの人が気づくことができるのか

 

大人も子ども、支援者も利用者も

その場にいる全員が1つの「楽しい!」を追及したら、自然にみんなが手を取って笑顔になっていました。

 

自分から人へと繋がる糸。

糸はやがて時間を掛けながらも、優しく紡がれてゆくに違いありません。

 

「楽しい」の力は本当に偉大ですね!!

 

ほほえみ様、今月も須賀らしい環境をありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







豊中市児童デイサービス『Primo&Piccolo』さま2月月間レクリエーションの様子

■光と色に出会う

今月のprimo &pìccoloさんの月間レクリエーション(療育)は「光と色」がテーマです。

視覚的認知はまず光から始まり、
やがて白、黒、赤、緑へと広がって行きます。

今日は初回!

体調はどうかな?
怖くない?
楽しんでる?

お子様の様子を担当スタッフさんとしっかりと見守りながら、

お子様と「光と色」との出会いを、
大人が環境となって楽しく演出!!

初めは戸惑っていたお子様達も、
次第に手を伸ばし光に触れて行きます。

最後は「キラキラ綺麗だったね!」と
笑顔とジェスチャーでしっかり伝えてくれましたよ!

 

 




毎回のレクリエーション(療育)の積み重ねの中

・その時の様子と課題
・次への目標

をお子様一人一人丁寧に振り返り
次回に向けた組み立てと「狙い」を記録し、
次の療育活動やスタッフ、保護者様との日常の関わりに生かして行きます。

 

「楽しかったね」だけではなく、
きっちりとお子様の成長へと繋げて行く毎日は、いとおしくも大切だなぁ。。と感じます☺️



子どもたちの小さな変化を見逃さずに、子どもたちの言葉としてくみ取ってゆく。

そんな積み重ねがお子様の未来を彩ると信じています。

 

今月のPrimoさんも、笑顔が花咲く素晴らしい時間となりました。

 

子どもたちが安心できる、楽しめる環境作りをご協力いただいたスタッフの皆様、今月も本当にありがとうございました!!


豊中市児童デイサービス『Primo』さま9月ワーク

■本物に触れる

9月はお月様がきれいな季節ですね。

 

大阪豊中市放課後児童デイサービス『Primo』さんへお月見にちなんだ秋のワークをお届けしました!

 

  

「これ、なんやと思う?」

 

粉!

小麦粉やろ?

 

「みんなおしいなー!なんかの香りせーへんか?」

 

ごはん?

 

「大せーかい!!」

 

そうです。

今月はお月見団子を作るべく、米粉(団子粉)をお持ちして一からお団子作りに挑戦します。

 

さらさらしてるー

冷たくて気持ちいいなー

 

まずは米粉そのものの感触をしっかりと感じていただいたら、次はお水を足します。

 

さて、どんな風に感触は変化したかな?

 

 

 

 


「ちょうどいいなってゆうところでストップってゆってな」

 

目が見えない彼の手の甲に水を流します。

 

『ストップ!』

 

彼のさじ加減はどうかな?

 

混ぜて混ぜて・・・

 

『お水くださーい!!』

 

どうやら少しばかり足らなかったようですね(^^)

 

計量したのもいいのですが、自分の掌の感覚で『足らない』『入れすぎ』『ちょうどいい』

を感じ、判断してゆく過程は必ず子どもたちの「次」へとつながります。

 

みんな一生懸命『ちょうどいい』を探しています(^^♪

 

 

 

 

 




■ちょうどいい、ができたねん!

彼女が主役になる瞬間が来ました。

 

みんなみて!!

Kちゃん、お団子1つにまとまったよ!!

あんな感じでまとめてみてな!

 

Kちゃん、お手本になります。

 

主役になると自信がつきます。

 

大勢の中で認められる経験を積み重ね、次へのステップへと繋げます。

 

 

 

 

 

 

ちぎって小さな丸にします。

 

友達と比べっこ。

 

それぞれの違いを認め合い、尊重しあう。

「違う」の良さが光ります。

 


鍋に入れて茹でます。

 

さてさて、お団子はどう変化したでしょうか?

 

混ぜる・こねる・丸める・ちぎる・小さく丸める・茹でる

 

様々な工程を通し、物質が変化してゆく過程を「学ぶ」のではなく「体験する」ことで

初めて子どもたち自身のものになってゆきます。

ごっこも大事。

 

でも、本物に触れることで、もっともっといろんな世界が身の周りから、着実に広がってゆきます。

 

あれ?

この香り知ってるよ!

この手触り、前も触ったことあるよ!

 

 

そんな小さな自信が、次のチャレンジへとつながってゆくのですね!

 

ほら、こうちゃんもお米の香りに目がぱっちり、触ってにやり!笑顔です(^^

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちの小さな変化を、子どもたちの言葉と捉えることで、驚くほど豊かな会話が生まれてきます。

 

今月のPrimoさんも、会話が花咲くそれは豊かな時間となりました。

 

子どもたちが安心できる、楽しめる環境作りをご協力いただいたスタッフの皆様、今月も本当にありがとうございました!!


豊中市児童デイサービス『Primo』さま8月ワーク

■言葉と経験の一致

8月といえば、そう!スイカ割りですね!

 

大阪豊中市放課後児童デイサービス『Primo』さんでも夏の定番となったスイカ割りワークをお届けしました。

 

季節を体験や肌や香りで感じることは特に経験が偏りがちになる身体障がい児にとってとても大切な経験となります。

 

しかしGOKAN療育では更にもう一つお届けしたいものがありました。

 

それが言葉と体験の一致です。

  

身体的な障害があることによって、様々な経験が不足し、

結果的にイメージしたり理解できる言葉が極端に少ない。言葉そのものが想像できない。

 

そのような傾向が強いことを、私自身脳性麻痺の長男との生活の中で痛感してきました。

 

そこで、今月のワークでもあるスイカ割りを行う前に、

 

・「たたく」とはどのような動きなのか?

・「たたく」に付随する活動について

 

楽しい活動に合わせ、経験していただくことから始めました。

 

 

 

 

 


①まずは手と手を「たたく」です。

 

「幸せなら手をたたこう!幸せなら手をたたこう!幸せならたいどでしめそうよ、ほらみんなで手をたたこう!」

 

楽しい歌のリズムに合わせ、両手が合わさることができるお子様は、自分で、またはスタッフさんにサポートしていただきながら行います。

 

筋緊張や変形等でむつかしいお子様は、片手をスタッフさんにサポートしていただきながら、お子様の手のひらとスタッフさんの手のひらを合わせ、手の平に手と手を合わせ「たたく」ことで手の平に伝わる感覚をつたえていきます。

 

二度、三度と繰り返すことで、イメージがだんだんついてきました!

 

②次は物を「たたく」です。

 

用意したのは紙コップと木の棒です。

紙コップをひっくり返すと即席な太鼓になります。

紙コップの底を機の棒(今回はすり棒で代用)で「たたく」わけです。

 

「たたく」をさきほどの「手をたたく」からイメージを継続しつつスライドさせるため、同じ曲にあわせ、先ほどは手でたたいた個所を今回は木の棒でたたくように替え歌で楽しみます。

 

ex

「幸せなら太鼓たたこう!幸せなら太鼓たたこう!幸せならたいどでしめそうよ、ほらみんなで太鼓たたこう!」

 

さあ、「たたく」イメージがつきました!

いよいよスイカを「たたく」ときがやってきましたよ~!

 

 


■視点を合わせる



身体的な障害があるお子様と遊ぶとき、もう一つ大切にしたいのが「視点と対象物の一致」です。

 

実はよくあることですが、支援者が絵の具やお絵描きをさせようと筆をもたせ、懸命に言葉がけを行っているのですが、お子様は全く別の方向を向いている…なんてこと、少なくありません。

 

 

こうなってしまうと、お子様は自分が果たして何をやっているのか理解できていない可能性があります。

 

そうならないためには、お子様の視点と手指等の対象物を一致させる必要がありますね(^^

 

今回のスイカ割りも、その点に着目しながら行っていただきました。

 

 

手指の動きと視点が合うことで達成感も上がりますね!!

 


イベントとして楽しむだけでなく、経験を通した一つでも多くの「何か」を持って帰っていただけたらうれしいです!

 

Primoさん、今月も最高の盛り上げ隊!ありがとうございました!!


豊中市放課後等デイサービス『Primo』さま4月ワーク

■ほら、ね?

4月21日土曜日。

大阪豊中市放課後児童デイサービス『Primo』さんへ【GOKAN療育プログラム】4月ワークをお届けにあがりました。

 

 今月のテーマは『感じる』です。

 

「キャベツだよ~。」

「大きいね~」

「ちぎってみようか!」

「やわらかいね~」

「茎は固いね~」

「キュッキュってするね~」

 

お母さま見つめ合うRちゃんは、今回で2度目のご参加です

 

お母さまが感じた事、思った事を言葉で伝えていただきながら、

経験、感情の共有・共感を行います。

 

 

手や、指先、香り。

感覚のシャワーでたっぷり感じている様子のRちゃん。

 

キャベツの葉はぐっと握ると、パきパきした音が鳴ります。

それにじっと耳を傾けるRちゃん。

 

いつもの場所で、大好きなお母さんの膝で、安心して経験という土台を積み上げるRちゃんの表情は真剣そのものです(^^)

 

 

 




例え言葉が無くても、例え表情が大きく変わらなかったとしても、

子ども達は感じています。

 

「わあ、おもしろいな」

「え?なんなんこれ?」

 

はじめは少し怖くても大丈夫!

誰だって「はじめて」は怖いもの

 

だからこそ、安心できる環境が大切ですね!

 

お母様でも、スタッフさんでも、仲間でもいい。

 

安心できる環境があること。

大人も全て「環境」の一つ。

 

だから毎日のコミュニケーションは大切です。

 

「安心できる場所がある」事で

子ども達は、新しい事にもチャレンジできます。

 

 

 

大丈夫。

ほら、怖くない。

 

ね?

こわくないでしょ?

 

きれいだね!

気持ちいいね!

 

ほら、お花が咲いたよ。

 

入院が長かったり、体調が落ち着かなかったり。

様々な事情を抱えた子ども達がPrimoさんにはやってきます。

 

生まれて初めて絵の具に触れる子。

生まれてキャベツに触れる子。

生まれて初めて平仮名を教えてもらった子。

生まれて初めて仲間に出会えた子。

 

沢山の「生まれて初めて」を、次の「やってみよう」へ繋げるお手伝いを

微力ながら、全力でサポートさせて頂きます!

 

体験型発達療育プログラム【GOKAN療育】

Primoスタッフの皆さん、今月も温かいサポートを有難うございました!

次回ワークもどうぞよろしくお願い致します!



得意なやつ

続きを読む

初めまして!!!

続きを読む

キミノテ講演会in京都の申込みをスタート!

続きを読む

動物が見ている世界を見てみたい

続きを読む

「怪我したらおわりやぞ」

続きを読む