【夏休み親子教室】レポート

■『こんな教室を探していました!』

障がいがあることが問題なのではなく、障がいがあることによって体験や経験できない事が多いことが問題なのだ。

GOKAN療育プログラムは、身体や発達に障がいがあることで体験できない事柄を、
一つ一つ同じ環境の仲間と一緒に、楽しく体験を積み重ねていく『体験型発達療育プログラム』です。
『できた!』『わかった!』という成功体験から
  • 『自分自身を信じ抜く力』
  • 『未来を自らの手で掴む力を育んでゆきます。

こんにちは!

GOKAN療育プログラム畠山です。

 

気が付けばもう10月。

暦ではもう夏から秋に入りました。

 

この夏【GOKAN療育プログラム】は,

ご契約いただいている施設様に加え、「夏休み特別体験教室」「夏休み親子教室」また「講演」等を通じて、沢山の皆様と出会うことが出来ました。

 

本日より少しずつですが、丁寧に、施設様やご参加者様の様子をお伝えさせていただきたいと思いますので、是非引き続きご覧いただけると嬉しく思います。

 

 

 

 



さて本日は、7月28日・31日・8月1日の3日間連続開講させて頂きました【GOKAN療育プログラム夏休み親子教室】のレポートを、ご参加くださいましたお母さまのお声と合わせてご紹介させていただきたいと思います!

・お子さまの発育、発達を促したい。

・お子さまにとって必要な、今できることをやってあげたい。

・毎日のお子さまとの関わりかた、言葉がけ、コミュニケーションが知りたい。

・お子さまの中ある可能性をもっと引き出したい。

 

そんな思いで毎日を過ごされているお母さまのお声が

日々の活動の中で私のもとに沢山届いていました。

 

そんなお母さまにとって

安心して通える障がい児専門のお教室を開講したい。

 

そうして3日間限定、【GOKAN療育プログラム 夏休親子教室】が開講させていただきました。

 

 


「当たり前を教える大切さを知りました。」

 

私たちは毎日生活していると、当たり前のことをついつい見過ごしてしまいがちです。

 

例えば、発達に偏りを持つお子様の中にある

 

「これなーに?」

「え?なんて?」

 

そんなサインは、特に発語に課題を持つお子様の場合、見過ごされやすくなってしまいます。(我が家の長男はまさにここが、長年すっぽりと見過ごされてきてしまいました。)

 

長男との暮らしの中で以前お手玉を渡したとき、こんなことがありました。

 

私『前から後ろに投げてみて。』

彼『・・・・』

 

彼が何につまずいていたのか。

 

まず、『前』『後ろ』

そして『~から~』

 

この言葉がさすイメージがつかなかったんですね。

私たちは言葉を習得する時、

 

①『言葉』×『体験』を一致させる→②話しながら修正していく→③文字で表出する

 

流れでインプット、アウトプットしてゆきます。

しかし何らかの発達や身体に課題があるお子様は、この流れが①でつまずいているケースが珍しくありません。

 

子ども達の中の小さな疑問は、しかし私達の感覚ではあまりにも「当たり前」になりすぎて、わざわざ『教えてあげなくちゃ!』とならなかったりするんですね。

 

それによって

コミュニケーションや、知的能力、知的好奇心、自信や意欲等、様々な発達のチャンスが阻害されてしまう、大きな要因の1つとなっています。

 

【GOKAN療育プログラム】ではその点に着目し、「当たり前の事を当たり前に体験」する。

「文字と一緒に確認」してゆく必要性も、教室を通してお母さまにお伝えさせていただきました。

 

 

 


「楽しそうやなぁ」と思ってもらうこと

例えば、初めてワークをお届けさせて頂いた施設様でのワーク後、感想をお聞きした時、必ずと言っていいほど頂く感想があります。

 

「普段見られない子どもたちの様子に驚いています。」

 

いつもの場所、いつもの人、いつもの事。

それは子どもたちにとって欠かすことが出来ない、安心感を得るために必ず必要な場所であり、人であり、事柄です。

 

ですが、時にその関係性ゆえお互いを知りすぎて、それぞれの可能性の芽を、知らず知らず摘んでしまっている事もあります。

 

そこで、今までの関係がなかった第三者が関わってゆくことで、

いつもと違う環境や価値観、体験を通し、子どもたち自身も今まで気が付いていなかった自分の興味や気持ちに気が付く。

 

今まで思い込んでいた『当たり前』というフレームに、様々な変化が起こり

子ども達だけでなく、子ども達に関わる大人の中にも目の前にいる子ども達の中にある新しい可能性に気付くきっかけきっかけになるのですね。

 

 

 

 

 


■2018年親子教室開講のお知らせ

 

現在、支援施設、又は個別療育のみワークをお届けさせて頂いておりましたが、この度【GOKAN療育プログラム親子教室】を開講させていただくこととなりました!

 

開講予定は2018年1月~2月、場所は大阪天満橋、阿波座の2教室開講を予定しております。(変更の可能性もございます)

 

身体に障がいを持ったお子様とお母さまが安心して通っていただける親子教室になります。

医療的ケアが必要なお子様も大歓迎です!

 

詳細は随時こちらからご報告いたしますので、どうぞお楽しみにお待ちください!

 

 

 


お問い合わせ

下記の『お申込み・お問い合わせフォーム』へ

・お母さま、お子様のお名前

・お子様の年齢

・ご住所

・ご連絡先

 

 

■講師/療育セラピスト 畠山織恵

■お問い合わせ先

mail/bauchan0619@gmail.com

tell/090-9705-1979(10:00〜17:00)

 

その他、ご質問などございましたらご遠慮なくお問い合わせください


0 コメント

豊中市放課後児童デイサービス【Primo】7月ワークレポート

■感触を知る。

7月15日土曜日。

定期ワークを開催させていただいております、大阪豊中市放課後児童デイサービス『Primo』さんへ【GOKAN療育プログラム】7月ワークをお届けにあがりました。

 

7月の導入絵本

『ペンちゃんのかきごおり』の世界から、笑顔いっぱいのワークがスタート!

 

 今月のテーマは『感触』です。

 

みんな、氷って知ってる?

 

さわった事あるかな?

 

さわったらどんなんかな?

 

 氷に触れてみる。

 

■冷たいってこんなん

 

つるつるして持ちにくいね!

ずっとさわっていたら、指先が痛くなるね!

 

指で、手のひらで、腕にも氷を滑らせて、シュー!

 

氷をじっくり、そしてしっかり感じてゆきます。

 


●かき氷を作ろう!

「問題です。氷を入れてレバーを回したら氷はどうなって出てくるでしょうか?」

 

さあ、実験スタート。

 

カシャカシャ、カシャカシャ、カシャカシャ…

 

カシャ、カシャ、カシャ、カシャ!

 

氷が細かくなってゆくほどリズムが早くなる。

 

こんな体験の積み重ねが、子どもたちの『自信』を育んでゆきます。

 

 

「おれ、かき氷あんま好きちゃうねんけど」

なんて言っていたSくんも

 

「やっぱり赤かなあ」

 

(笑)

 

自分で作ったかき氷は味も格別だ!!

 

 

目の前にあったものが形を変える。

 

『物質は変化する』ということを、理屈ではなく

「楽しい」体験、本物の経験として積み重ねてゆきます。

 

 


『なんだこれ?』は新発見の大チャンス!

うわー

 

なんだこれ?

 

見たことがない物が、目の前にある。

 

触りたいような、怖いような…

 

んんんんん!

 

そしたらスタッフさんが知ってか知らずか、ぼくにこう言うんだ。

 

「おひとつどうぞ(^^)」

 

 

仕方ないから『そいつ』をもらってやった。

 

あんまり触りたくないから、とりあえず指でつまんだ。

 

ふと『そいつ』の向こうに何かが見えた。

 

なんだろう?

『そいつ』をのぞいてみたら、見たことがない景色が見えた。

 

『そいつ』の中の世界は、全て逆さまだったんだ。

どうして逆さまなんだろう?

 

ぼくは不思議でならなかったよ!

 

・・・・・

子ども達の中に浮かんだ疑問は、次の興味へと導く素晴らしいきっかけです。

 

毎日の生活の中ではなかなか出会うことが出来ない

「なんだこれ?」を、ワークを通じてお渡ししています(^^)

 

 

 

 

 

 

 


手で混ぜたり、足で触れたり

一人一人楽しめるスタイルで、感触をじっくりと感じ取ってゆきます。

 

このプルプルの感触

手指の間をジェリーボールが転がってゆく様

視界に飛び込んでくる、色とりどりの鮮やかさ

ぴちゃぴちゃ!と聞こえる軽やかな水の音

強く握れば、すぐに潰れてしまう、儚さ

 

 

笑顔いっぱいの子

不思議そうに眺めている子

こわごわと手に取る子

思いっきりかき回している子

うっとりとリラックスしている子

 

それぞれのお子様がなにかを感じ取っているのがよくわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むむ?なんだこれ?


ひゃー!プルプルしてるー!


体験して無駄なことなんて1つもない

 

楽しかった事も、嫌だった事も

出来た事も、出来なかった事も

 

全ては、自分を知るため。

自分らしさを手に入れるため。

自分らしく生きてゆくために必要な体験です。

 

いつもの仲間と、いつもと違う体験を!

 

全ては子どもたちの未来へと繋がっているのですから…

 

体験型発達療育プログラム【GOKAN療育プログラム】

 

Primoスタッフの皆さん、今月も温かいサポートを有難うございました!

 

 

次回8月ワークもお楽しみに~!

 

 

 


知らない⇒『知ってる!』へ。

分からない⇒『分かる!』へ。

できない⇒『できる!』へ。

 

全ては体験と経験から生まれます。

 

仲間と育む最高に楽しい体験型発達療育【GOKAN療育プログラム】

ぜひ皆様も体験してみませんか?

 


0 コメント

豊中市放課後児童デイサービス【Primo】6月ワークレポート

■色で感じる。色を感じる。

6月17日土曜日。

定期ワークを開催させていただいております、大阪豊中市放課後児童デイサービス『Primo』さんへ【GOKAN療育プログラム】6月ワークをお届けにあがりました。

 

6月の導入絵本

『あめふりくまのこ』の世界から、冒険が始まりましたよ♪

 

 今月のテーマは『色』です。

 

赤い雨が降ったら、どんな味すると思う?

 

「とまと!」

 

とまとかー!

 

じゃあ緑やったらどんな味かな?

 

「やさいー!」

 

発語できる子が先頭を切って発言します。

それを発語が難しいお子様が耳にすることで、自分の中にあるイメージを広げます。

 

自然な流れの中で、それぞれの学びや気付きを育んでゆきます。


●色を混ぜたらどうなる?

「青と黄色を混ぜたらどうなると思う?」

 

むむむ?

急に黙り込む子ども達(笑)

 

よし!実験スタートです!

 

指定された色での絵の具遊びは経験のある子も、

自由に混ぜたり遊んだり。

 

そんな色遊び経験が少ない、発達に偏りを持つお子様も実は少なくありません。

 

知識もいいけど、経験はもっと大切。

 

実際に絵の具を手に取って混ぜてみましょう!

 

 

 Sくんは『黄色』と『緑色』を混ぜると決めました。

さあ、どうなったかな?

 

 

 

 

カップを手に取り、注ぎます。

 

まずは黄色。

そして緑色を上から注ぐと・・・

 

 

わあ!

色が変わったね!

 

これは・・黄緑色だ!


緑+黄色=黄緑色

 

という知識はあるかもしれません。

 

ですが実際に、緑色に黄色を足し、混ぜてみる

 

色が次第に混ざり合って、やがて鮮やかな黄緑色へと変化してゆく・・・

 

目の前で起こる変化を、リアルな体験として肌で感じた子どもたちの目は輝いています。

 

人から聞いたものでもない。

TVで見ただけでもない。

 

実際に体験した事は、嘘偽りのない自分の物です。

 

その経験は子どもたちの内なる自信となり、自分らく生きてゆくための大きな力となるに違いありません

 

 

 

 

 

 

 

 


『知ってる』と『感じる』は別物

腕を大きく前に振ったらね、持っていた物は前に飛ぶんでしょ?

 

知ってるよ。

見たことあるもん

 

そうね、そうだね。

 

でも、実際にボールを持って投げたり、

何かを意識して飛ばしたりといった経験が少ないと

 

『動きと飛距離』との連動性や、

自身の腕や指先の動きから、はるか彼方に飛んで行く紙飛行機を飛ばすような感動実質的にイメージすることが難しくなります。

 

 

『知っている』と『感じる』は別物なのです。

 

 

 

そこで今月の制作では、『動きと飛距離の連動性』

絵の具を使って体験!

 

テーマは『ぼくの・わたしの町Primoに雨が降る!』

 

 

 

 


初めに作った色水を筆にふくませたら、

 

それ~!!

 

ばしっ!

 

振り下ろした筆から絵の具が、真っ白な紙に弧を描きます。

 

「おおおおおお・・・」

 

 

声にならない仲間たちの歓声に、一番手にやってのけたお子様はにんまり。

 

そうなるとあちこちで

 

ぱしっ

ぽたっ

 

色とりどりのてんてんてんが、自分たちの町に見立てた模造紙を彩ってゆきます。

 

 

 


絵の具遊びが苦手だったお子さまも、みんなの楽しそうな様子につられてついつい参加・・・

 

そしたらこの表情に♪


一人だったら気付けなかった楽しさも、仲間がいたから気が付けた。

 

お子さまはもちろんですが、サポートする側にも、

「この子は〇〇が苦手だから違う遊びをしよう」等、子ども達の事を知れば知るほど

そこにはある種の『思い込み』が生じがちです。

 

知らず知らずのうちに、子ども自身が持つ可能性に線引きしてしまう事があるのです。

 

そんな思い込みや線引きがないグループ療育は、

隠れてしまっていた子ども達の新たな可能性や『楽しい!』『好き!』を見つけやすい取り組みでもあります。

 

お子さま。親御様。

そして子どもたちに関わる支援施設スタッフ等皆様に

日々の関わりにおいて、この場の気付きを積極的にご活用いただいております(^^)

 

 

子ども達一人一人が持つ力を、

楽しく引き出す体験型発達療育プログラム【GOKAN療育プログラム】

 

6月のPrimo作品は、子ども達の

「できた!わかった!」の笑顔がいっぱいに詰まった作品となって完成しました!

 

Primoスタッフの皆さん、今月も温かいサポートを有難うございました!

 

 

次回7月ワークもお楽しみに~!

 

 

 


知らない⇒『知ってる!』へ。

分からない⇒『分かる!』へ。

できない⇒『できる!』へ。

 

全ては体験と経験から生まれます。

 

仲間と育む最高に楽しい体験型発達療育【GOKAN療育プログラム】

ぜひ皆様も体験してみませんか?

 


0 コメント

就学支援クラス㏌西成区発達支援センター【クリエバ】6月ワークレポート

■雨はホントは青いのか?

発達に偏りがあるお子様たちへの療育は、

一般的に

 

『出来ないこと、苦手なことが少しでも出来るようになる』

という視点にフォーカスされています。

 

確かに、出来ない事や苦手なことが今よりも出来るようになることは、子ども達の生きやすさを育むために必要なアプローチです。

 

しかし本当にそれだけで良いでしょうか?

 

 

例えば、こんな療育があります。

 

1枚のタコの塗り絵があります。

 

その子は青く塗りたい。

 

ですが

「たこは赤だよ。だから赤を塗ろうね。」

 

と指示されます。

そうして、たこに赤色を塗る練習をするのです。

 

これは、自分の感情をコントロールする訓練の一つで、この様な療育は多く取り入れられています。

 

学校生活など『集団生活』という場で、自身の感情を上手くコントロールする力は確かに必要です。

 

ですが、彼の

『本当は青く塗りたい』

という感情は、一体何処に行くのでしょうか?

 

 

 

 

■『〇〇しなければならない』を受け取るために必要なもの

 

それは

ありのままの自分は愛され、認めれれている。』という土台です。

 

本当は青色を塗りたい。

 

  • その感情を受け入れ、あるがままの自分も『良し』としてくれる場があること。
  • 出来ていない事ではなく、好きなこと、頑張っている事に注目されていること。

 

そのうえで

「でも、たこは赤なんだとさ。」を初めて受け取る事が出来るのです。

 

自分の本当の感情や気持ちを

・『それは違うよ』

・『普通はこうだよ』という

 

『社会』という一つの世界に対する生きやすさに重点を置きすぎると、

子どもは本来ある自分の力や、自分の気持ちを信じられなくなってしまいます。

 

 

 

標準に合わせなければならない労力が私達よりも必要な子どもたちだからこそ、

「あるがままの姿を認め『好き』の力を伸ばす目線も大切」だということを

 

お子さまとの関わりに悩む親御様や施設関係者さまに、いつもお伝えさせて頂いています。

 

 

 

 

 


6月16日木曜日にお伺いした、

西成区発達支援センタークリエバ様へ6月ワークでは、手指の高次元化に向けたボディーイメージの発達を促す大型制作に取り組みました。

好きな色の雨を、自分たちの町に降らします。

 

上から下へ。

 

上下の動きを意識しながら、壁面という縦ラインへ描くことで、ボディーイメージの発達を促してゆきます。

 

同時に、それぞれの形で「雨」を表現してゆくお子様の違いを子ども達同志が知り、無意識のうちに認め合う姿が印象的でした(^^)

 



人と違うということは、時に苦しさを伴います。

 

ですが人と違うということは、「その人自身である」とも言い換える事ができます。

 

一人一人持っているその「人との違い。」は、もしかしたら宝物かもしれないよ。

 

そんな視点を持ってお子様と歩んでゆきたい、そう考えています。

 

 

 

 

 



■満席のお知らせ

『施設さま体験教室』満席により受付を終了させていただきます。

沢山のお問い合わせありがとうございました。

 

 



0 コメント

就学支援クラス㏌西成区発達支援センター【クリエバ】5月ワークレポート②

■役割を見出す療育

ワーク中、子どもたちは様々な表情を見せてくれます。

 

ワーク初めの運動プログラムで振り返ってみましょう。

 

5月は絵本『はじめてのおつかい』から繰り広げる知的・運動プログラムです。

  • 聞く
  • 見る(注視・追視)
  • 待つ
  • 順番を守る
  • 目的に沿って行動する(輪の中を歩く、線に沿って歩く、止まる、ジャンプする、指示通りのものを選ぶ、スタッフさんに渡す)
  • 追視と行動の一致
  • 固有覚、前庭覚へのアプローチ

 

 

一度手本を見せた後

「やりたいひと!」

 

私の声にすぐさま反応したAくん、反応しなかったBくんがいました。

 

ワークを初めて直ぐにわかりました。

 

Aくんはすぐさま、1度見た私の動きを楽しそうに真似ながら、活動的かつリズミカルにフープジャンプを決めてゆきます。

 

表情は生き生きとして、自信たっぷりです。

 

そして、そんなAくんの後ろにピッタリとつくように、A君の動きをそっくりそのままま真似るBくんがいます。

 

BくんはAくんの動きそのまま、Aくんがおちゃらけて最後寝ころんだところまで、全く同じように寝ころんでいました。

 

 

 

 

・Aくんは活発な動きが自分は得意だと思っている。自信がある

・Bくんは得意だとは思っていない。少し自分の動きに自信がないと思っている。

 

運動プログラムに関して、Aくんには「運動番長」としての役割をお願いすることにしました。

 

 


●みんな違うということ

 

さて、次は季節の食材と使う五感体験ワークです。

 

5月の食材は枇杷だったのですが、

枇杷を【なにかなBOX】(視界を遮る箱の中に手を入れ、手指の感覚だけで食材を体感する、感覚刺激ワーク。感覚過敏、感覚鈍麻のお子様への感覚的アプローチ、目に見えないものを想像するイメージ力を育む五感体験ワークです。)に入れて、手指から感じた子どもたちの感想を聞いてみました。

 

すると・・・

 

  • おおきい!
  • 小さい!
  • 硬い!
  • やわらかい!
  • さらさらしてる!
  • ぷにぷにしてる!

様々な感想が出ます。

その感想をすべて言葉に出して復唱し、こちらが受け取った事を伝えると同時に、

そしてほかの子どもたちにも一人一人の感想を聞いてもらいます。

 

言葉の復唱を行うことで、

『聞いてくれている』『わかってくれた』そんな安心を感じるのです。

 

ここで子どもたちに渡したいものはもう一つあります。それは

 

「感じ方はそれぞれなんだ。」

 

ということです。

感覚の偏りから、自分の行動や考えに自信が持てずにいる子どもたちに

 

  • 「感じ方はみんな違う。」ということ。
  • 「違うことは間違いではない。」ということを

 

経験値として積み重ねる時間です。

 

感じたままを話しても否定されない』という体験は、子どもたちの心身の発達に大変重要です。

 

「そんなのおかしいよ。」

「そんなのちがうよ。」

 

そう言われなれている子ども達だからこそ、

安心して自分が感じたままを話せる場所、

話しても良いんだ、という経験の積み重ねをワークを通じて行います。

 

 

 

 

 

 

 

 


●Bくんの役割

続いて制作の時間になりました。

 

先ほどの運動ワーク時、Aくんの後ろにいたBくんが動きます。

 

それぞれ好きな色クレパス1色を選び丸を描きます。

その点を結び、結んだ線をはさみで切り抜いてゆく作業の時です。

 

はさみと悪戦苦闘を繰り広げるAくんの横で、サクサクとはさみを使いこなし

作品作りに没頭しているBくんがいました。


できたよー!

Bくんは制作が得意。

Aくんはちょっと苦手な様子です。

 

「Bくんすごいね。はさみ使うの上手なんだね!お絵かきも得意なんだね!また何か作るときお手伝いお願いするね」

 

そんな声掛けにBくんは嬉しそうに作品を頭にのっけて見せてくれました(^^)

 

 

 

それぞれ誰だって得意なこと、不得意なことがありますね。

『得意なことを役割としてお願いする』ことで、自信が付きます。

 

私たちも苦手なことを仕事にするより、得意なことや好きなことを仕事にすることができれば

毎日は充実するし、役に立てている、必要とされている、そう思えます。

 

 

これは人には負けない、これは得意という物があることは人の心を強くします。

それは発達に偏りがある子どもたちも同じです。

 

その心の強さはこだわり行動や、多少の違いや、なにか出来なかった事があっても、乗り越えやすくなる柔軟性を育むことになる。

 

 

それぞれの好きなこと、得意なことを見つける。

そんなの育みから、療育は始まっている、私はそう考えています。

 

 



■満席のお知らせ

『施設さま体験教室』満席により受付を終了させていただきます。

沢山のお問い合わせありがとうございました。

 

 


 

■障がい児とママの夏休み体験型発達療育
親子教室【GOKAN療育プログラム】開講します!

 

「親子で療育ワークに参加したいな」
「毎日をもっと有意義に過ごしたい!」

そんなお声にお応えする、
GOKAN療育プログラム夏休み親子教室を行います!
【GOKAN療育プログラム夏休み親子教室】
■日時
7月28日(金曜日)・31日(月曜日)・1日(火曜日)
全3回プログラム。
☆発達障がい・自閉スペクトラム児クラス
13時50分〜14時40分(50分)※残席2
☆肢体不自由児クラス
15時10分〜16時00分(50分)※残席5
■募集年齢
☆発達障がい・自閉スペクトラム児クラス
→3歳〜6歳頃まで。
☆肢体不自由児クラス
→3歳〜12歳頃まで
(室内マットはございますが、ご希望であれば座位保持などお待ち頂けます。)
■募集人数/各クラス5組まで
(人数に達次第受付終了)
■プログラム内容
☆身体・発達に障がいや偏りを持つお子様とお母様のための体験型発達療育プログラムです。
☆「見る・聴く・香る・触れる・舐める」五感をフル活用する事で脳の発達を促進する親子で楽しむ親子教室プログラムです。
☆通常、発達支援センター等ご契約施設へのみご提案していた療育プログラムですが
今回初めて親子で楽しんで頂ける『夏休み特別親子教室』になります。
☆「できた!わかった!」体験を、テーマ絵本の世界から導入。
季節の食材に触れるワークなどを通じ、本物の体験としてお渡しします!
☆ワーク内容をご自宅でも引き続き働き掛けていただくことで、お子様の発達を促しながら、親子のコミュニケーションにもお役立て頂いております!
■プログラム料金
全3回1セット/8,500円
(1回目受講後万一ワークにご納得いただけなかった場合は残り2回のプログラム料金5,500円を返金いたしますので、安心してお申し込みくださいね♪)
■場所/まんまるみかん
兵庫県西宮市甲子園高潮町2-25
阪神甲子園駅徒歩5分(有料ですがサロン目の前にパーキングもございます)
http://mikanroom.com/access/index.html
■講師/療育セラピスト 畠山織恵
■お申込み/お申込み・お問い合わせページにてメッセージお願いします。

0 コメント

子どもを信じるってどういう事?

続きを読む 4 コメント

大阪市都島区放課後等デイサービス『サニー』様定期ワーク開催決定!

続きを読む 0 コメント

【夏休み親子教室】レポート

続きを読む 0 コメント

豊中市放課後児童デイサービス【Primo】7月ワークレポート

続きを読む 0 コメント

【夏休み親子教室】満席となりました

続きを読む 0 コメント