出張療育ってどんなもの?

■あなたの施設から、子ども達の未来が始まる

子どもたちは、生活の中で様々な経験をし、五感を使って知識や感情、運動能力を獲得していきます。

 

 しかし、身体や発達に障がいや不安を抱える子どもたちは、その経験の少なさ故に獲得できる能力が乏しく、偏りがちです。

 

 その為、生きにくさを感じたり

『できない・知らない・分からない』ことが多いが故、自分に自信を持てずにいるお子様がどれ程たくさんいらっしゃる事でしょうか。

 

 

 人格形成の上で乳児期~学齢期はとても大切な、人としての基盤作りの時期です。

この時期に

 

・どの様な体験をし、どの様な感情を抱いたのか。

・どの様な大人が周りに居て、どの様な言葉をかけてもらってきたのか。

 

 

ということが、後の子どもたち自身の人生の選択において、大きく影響してゆくことが分かっています。

 

 

障がいを持つ子どもたちも、自分の事を好きでいられるように。

障がいを持つ子どもたちも、自信をもって人生を選択して行けるように。

がいを持つ子どもたちも、自分らしく生きる人生を歩めるように。

 

 

 

【GOKAN療育プログラム】は、

子どもたちの中にある「できない」「知らない」「分からない」

を同じ環境の仲間と一緒に一つ一つ楽しみながら、

 

リアルな体験を通じ、できたよ!」「知ってるよ!」「分かったよ!」へとシフトしてゆく、体験型プログラムを支援施設へ提案しています。

 


■五感で感じ、五感で学ぶ

見る

絵本やフラッシュカードを見るだけではなく、

周りのお友達が楽しんでいる様子を見ることで、苦手だった事にもチャレンジできるお子様が続々!

聞く

物語やお話に耳を傾ける。

スイカを叩く音、虫の声を当てっこなど、楽しい遊びの中で集中力を養いながら、想像したりイメージする力を育みます。

香る

触覚過敏によって苦手な食材が多いお子様には、食材に興味を持っていただけるように。

食べる事が難しいお子様には、季節の野菜や果物の世界を香りからもお届けします。


触れる

    触覚過敏や感覚鈍麻なお子様へ

    様々な物に触れるきっかけ作りを。

    身体に障害を持つお子様には体験・

    体感を通し、生きた言葉の獲得を

    製作や遊びから体得してゆきます。

    

食べる/なめる

    乳児が直ぐに口へ何かを運ぶのは、

    脳へダイレクトに感覚が伝わりその

    物が確認しやすいから。

    アレルギーなどの安全にもしっかり

    と配慮しながら、楽しんでゆきます。



■子ども達が「自らの可能性」に気付く環境設定をサポート

利用者の保護者様は、大切なお子様の『未来に繋がる力を何とか見出したい!』と考えておられます。

 

【GOKAN療育プログラム】は、定期療育の提供を通して

利用者様一人一人の力を見出し、

施設スタッフの皆様がご自身とお子様、その保護者様との関わり方に自信が持てる。

そんな環境作りを、様々な角度からサポート。

 

「できたよ!」「知ってるよ!」「わかったよ!」を育み、

お子様自身が、自分が持つ可能性に気付く環境作りのお手伝いをさせて頂きます。

 

障がいあるお子様とご家族へ
「明日を生きる力」を、「未来を夢見る喜び」をあなたの施設からお届けしませんか?

ワーク例・『目的と狙い』はこちらを参考にご覧くださいー


1年間を通しての充実サポート

1、ワーク前後の完全フォロー

2、スタッフ向け研修の充実

3、保護者様向け講演やサポートの充実

GOKAN療育プログラムでは年間を通して、施設へお越しいただく利用者様と保護者の皆様、そして現場スタッフに向けたトータル的なサポートを行っています。

 

・毎月の出張ワーク前の各施設に合わせたプログラムの構築

・ワーク後、日々の活動への落とし込みや、随時メール・お電話によるフォローの受付

・保護者様に向けた講演や茶話会等サポート(年間2回/1,5時間×2回)

・現場スタッフのお困りごとに合わせたスタッフ研修(年間3回/2時間×3回)

・保護者様、外部向け大型イベントの開催(年間1回)

 

 


1年を通し、お子様の成長に合わせたワークを毎月ご提案させていただくことで、確かな、日常に寄り添った療育をお届けしております。

 

また、年に1度の大きなイベントを行うことでお子様が楽しんでいただくことはもちろん、保護者様や地域の皆様にも楽しんでいただく交流の場としてご活用いただいております。

 

お子様だけでなく、講演等保護者の皆様に対する安定したサポートを組み込むことで、更なる安心感や日々の充実をお届けさせていただいており、大変ご高評頂いております。

 

現場スタッフの皆様へは、日々のお困りごと(保護者や利用者様とのコミュニケーション等)に対する研修の場を定期的に設ける事により、日々の業務への充実を図っていただいております。

 

【スタッフ研修例】

  1. 五感と脳の働きについて
  2. 障がい児支援の現状
  3. 個別療育とグループ療育、それぞれの役割と違い
  4. 心理学からみる子どもの発達
  5. こどもの『好き』・『苦手』に寄り添う療育とは?
  6. 保護者とのコミュニケーション
  7. 具体的な働きかけ例(身体障がい児・発達障がい児)
  8. 実践

その他ご要望に応じた研修を行います。

 


■費用

単発イベント】 1ワーク(60~120分)/ 35,000円(税別・材料費・交通費別)

【初回限定特別イベント】 1ワーク(60~120分)/ 20,000円(税別・材料費・交通費別)

【年間契約】

・毎月1回(60分ワーク)×11か月

・施設オリジナルワークの構成、ワーク後フォロー

・保護者向け講演、茶話会等サポート(1,5時間×年間2回)

・スタッフ向け研修(2時間×年間3回)

・大型イベント(年間1回)イベント時のみ別途材料費がかかります。

 

ーご契約費用ー

定価 420,000円 → 300,000(税別・交通費別)

 

(お支払例/月々均等25,000円×12ヵ月)

※お支払方法等詳細はお問い合わせください。